俺キクチのブログ

PR等のアパレル稼業を10年経て イギリスのYMSを取得しロンドンに2年移住した者の その日暮らしを晒しております。 http://instagram.com/lclccylcy/

ブログをはじめてみました。

 はじめてみてみました。と言われてもきっと大概の人からは「知らんがな。」という捉えになることは百も承知なのですが、ブログをはじめてみました。

 

自己紹介と言っても読んでいる方との距離感もつかみにくく、只でさえ現実でコミュニケーション障害の疑惑が浮上している自分が、どこをどう掻い摘んでみたらいいものなのかもわからず、ざっくり申し上げると29歳の広報などのアパレル稼業で10年ほど生きてきたものが、突拍子もなくイギリスのYMS(YouthMobilityScheme)ビザがとれたのでロンドンに2年ほど修行僧の如く暮らすこととなりました。

https://www.instagram.com/p/BMom8FqhNwY/

it's like cranes in the skysumtime i dont wanna feel those metal clouds

 

 

興味はあれど行ったことない国での生活で感じたああだこうだや、自分の日々や趣向を晒して発散していければよいなと思っています・・・。

 

取り急ぎ日本からイギリスのロンドンにやってまいって約2週間が経ようとしていますが、

ヘイヘイ!といった調子の良さとオイオイ…といった不安の中を行き来する日々で

ポンドが急に10円も値上がりをし、大事な携帯とBPRカード(イギリスで言う住基カードのようなもの)をなくしました。

 

2週間分でこのドラマの量。

まるで終わったかと思えばさらなる騒動が巻き起こる"渡る世間は鬼ばかり"の世界観です。

 

"自分の人生にいつの間にか橋田先生の脚本でもついたのかな?"

"そろそろオールスター感謝祭に橋田ファミリーご一行が表れて俺のこれからとるであろう行動を4択クイズで試されてるのかな?アンサーチェック!!"

と日本への寂しさが呼び起こす謎の妄想思考回路が爆発しながらも

ここは赤坂サカスではなくロンドンであり、走るのはリレーをする芸能人ではなくロンドンバス。

 

現実を直視しなければならぬ私は警察へ・・・

 

ロンドンはなかなか手軽な交番のようなものはなく、わざわざ電車で2駅ほど移動し

なかなか不安を助長させられながら、やっとの思いでたどり着いた先で対応して下さったのは

まさかの角野卓三似の白人の翁。

 

心優しそうな卓三に安堵しながら、状況を説明して紛失届を得ようと構えていた矢先

卓三の言い放った言葉に、俺・ピン子、絶句!

 

「この紙に書いてあるURLに、お金払って何失くしたか登録しなさい。」

 

・・・これは一体何の悪質なスパムなのであろうか・・・

ネット社会の闇、ここに現る!

 

そんなまさか・・・卓三なんかに頼ってられない。

こうなったら岡倉のお父さんの元に行ってやる!と

俺・ピン子、不信感を抱えて別の警察署へ。

 

今度はまあまあ大きい警察署だし、きっと大丈夫と構え

意気揚々と受付にいた女性警官に話しかけた矢先

 

「去年で紛失届の発行をやめたの!だからそのサイトに登録して!!

ちょっとあなた、携帯を見ずに私の目をちゃんと見て!!」

 

今度は目と目で通じあう工藤静香に諭されることに・・・

なんだよ、何も通じ合えねぇよ。お前らと・・・

 

お役所仕事はいい加減だという話は聞いていましたが、

まさかの金の徴収という泣きっ面に蜂という謎のオプション付きでのいい加減さは

もはや目を見張るものがあります。

 

なのに、BPRカードの再発行のために記入しなければならぬ書類の枚数は27ページという大長編の超大作。

 

さすがハリーポッターの国。

ホグワーツだか何だか知らねーけど魔法でこんなのどうにかしてくれよ・・・

 

イギリス人は確かに優しいのですが、いい加減と厳しさの塩梅が絶妙すぎて

心をかき乱されたことに疲労し、白目になりながらその日は家路につくのでした。

 

https://www.instagram.com/p/BMyeGV5BQ4O/

トキメイテ