読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺キクチのブログ

PR等のアパレル稼業を10年経て イギリスのYMSを取得しロンドンに2年移住した者の その日暮らしを晒しております。 http://instagram.com/lclccylcy/

男!パスタに難航!

29年生きてきて、今回が初の一人暮らし。しかも海外。

 

10円近くも跳ね上がったポンド、節約のためにはそりゃ自炊しかない。

 

今まで料理を作るということは、もはや自分にとっては村の数百年に一度の儀式といったものに等しく、大雑把な自分は大さじ・小さじが果たしてどの基準で申しているのか分からないし

わざわざグラム数を提示されたところで、高校の頃に全く興味のなかった数学で0点という数字を叩き出した自分に理解ができるはずがなく、もはや村の神に生贄として自らを献上したほうがましなレベル。

 

しかし生きなければならない。

そうしたタイミングで都合よく日本に帰国していった友人からもらったパスタがある。

=必然と「俺はパスタを作る」という答えが導き出されたのである。

 

でもまずさ、茹で方から知らないじゃん。

呆然じゃん。

なんとなく頭の中に、"墓参りで線香を束に持つ姿"を応用して鍋にパスタをばらまくという絵図は浮かべど、もう気分は墓に参られるほうに近いわけじゃん。

 

やはりいつの日にか生贄になり、墓に葬られたはずの自分は

精一杯お骨を海に放出するかのようにパスタを鍋にばらまきました。

 

もうよくわからない。

何が正しくて間違ってるのかが。

 

しかも初めてのIHなもんだからちゃんとこれ茹でられてるのかもわからないわけ。

火という視覚情報が必要なわけ。

電子マネーだのIHだの、もう現代の"見えないけどどうにかなってますよ"な文化は、もはや心霊現象みたいなもんなわけ。

 

そうこうしているうちにグツグツしだすしさ、もうほんと一種のポルターガイストですよ。

鍋の中で揺らぐパスタがブロンド女性の霊の髪とかそう言われても納得ですよ。

全然おわかりいただけないですよ。

 

そんなこんなで動揺しているから、もうパスタソースのことなんて頭にない。

 

いつのまにか茹であがっちゃってるし。

 

仕方がないので友人から頂いた、ふりかけてもいいし。ダシにしてもいいし。な

万能なダシをふりかけてみました。

 

完成品はこちら

https://www.instagram.com/p/BM6ykhvBhsr/

 

水切りを失敗しシンクに無残に放り出された焼きそばのような味わい。

 

もうさ、パスタと共に同じ墓に入った気持ちになりました。

共に死んだね。って。

 

男!パスタに難航!!

 

※ちなみにBRPカードの再申請メールの返信が未だに来ず、

「メールが届きました、ついちゃった!」という歌詞に願をかけて表題といたしました。

パスタ以上に難航しているこの事態。ヘルプミー・・・