読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺キクチのブログ

PR等のアパレル稼業を10年経て イギリスのYMSを取得しロンドンに2年移住した者の その日暮らしを晒しております。 http://instagram.com/lclccylcy/

夜と朝のあいだに。

https://www.instagram.com/p/BM_0L2HhBFb/

Instagram

 

いきなりの違和から失礼いたします。

 

イギリスのホームオフィスから来るはずのビザ再申請の手続きに必要なメールも未だに来ず

文字どおりの「片思い」状態が続いております。

 

こんな偽物のピカチューで小銭を稼げる国なのに

本人確認のビザ申請がこんなにも厳しく進まぬ現状にもはや脱力。

 

そんな国に自らの意思で来たものだけれど、何気に観光的ことを一切していなかったので

友人に案内してもらいながら今更、ありがちなものを見に行きました。

 

気分転換、大事だし。

 

まず、BOROUGH MARKETへ。

 

開設から1000年を迎えた市場らしいのですが、平安時代から今に至るだなんて

よくわからないけど、わかりやすく言えば藤原道長から藤原紀香へ。といったところでしょうか。

 

国を重んずる道長な雰囲気というよりも今やカジュアルに多国籍な屋台が並ぶその姿は

大女優の風格を出しながらも、意外と庶民派アピール。

更にはミュージカルもフォトグラファーも梨園の妻もなんでもこなすし

関東から関西の言語まで巧みに操る紀香にやはり通ずるものがあります。

 

客層もやはりあらゆる国からおいでなすってる方たち。

ザ・観光スポット!!なわけです。

 

もうさ、携帯を盗まれた身としては、観光スポットと聞いただけでスリへの警戒度数がものすごい。

しかも人がわんさかいる市場なんてスリ市場みたいなものではないか。

 

行き交う人がすべてスリに見え、赤子でさえスリの道具として派遣されてきたピンチヒッターなのではと疑い、昼飯として購入したラップサンド屋の兄ちゃんがコンロに向かって投げ込むピタパンも誰かからすった財布に見え、この手慣れた連携プレー。絶対こいつらの夜の仕事はスリ!スリの応用でこのパフォーマンスをしているに違いない!と、もう救いようのない重度のスリノイローゼ。

 

1分に1度はポケットにある財布と携帯の存在を確認しながら歩き、もはや何の観光をしているのかわからぬ状況になりながら、BOROUGH MARKETを後にし

お次に目指したのはTATE MODERNへ。

 

イギリスの素晴らしいところはアートスポットに無料が多いところ。

 

https://www.instagram.com/p/BM_mUT9Bfrl/

Instagram

 

f:id:lclccylcy:20161121032542j:plain

 

広いし、ちょっとのんびり頭をリセットするには本当にぴったりの場所です。

 

一歩外に出れば、ニセモノが待ち構えていますが。

https://www.instagram.com/p/BM_0L2HhBFb/

Instagram

ある意味一番モダンかもしれない。

 

その後、とりあえず外を歩き進めているとキャーキャーと若い女子たちが集うスポットが表れ

まさか今度は違う偽物のポケモンが表れたのではと見に行くと

LITTLE MIXという女性アイドルバンドのイベントが行われていました。

 

通りすがりのLITTLE MIX。

ものすっごいイギリスっぽい事を今体感しているんだなと、遠くに見えるビックベン

https://www.instagram.com/p/BNA-7d4h4cO/

よりも納得させられる瞬間。

 

その後、チャラい店員がサーバーをしているカフェで休んでから

友人と別れ、いったん帰宅して悩みつつも、一人夜の街へ飛び出してみました。

 

もうね、あんなスリノイローゼだのどうのこうの言っているのに懲りてない自分に

ある意味この世で一番の目出度さを感じながらも、

パスポートを厳重にしまい、デビットカードに至っては靴下の中の足の裏にしまいこみました。

 

踊るたびに、まさに足の裏でカードの存在を踏みしめることとなり

その度に謎の安心感に包まれながら、ほろ酔いとなり気づけば2件目に・・・

 

こっちのクラブは酒代がビールに関してはすごく安い。

4ポンドくらいが多いので痛風殺しのシステムとなっており、しかも量が多い。

 

よく、周りから「物価が高い」という事を言われますが

選択肢によっては日本より断然安いかも。と思う事が多々あります。

 

なので2杯くらいでもうちょうどいい感じになって

3人ほど連絡先を交換して今度、遊ぼうね。という事に。

 

やはり友達作りは、酒と音がある場所!というのは世界どこに行けど変わらないし

こっちにきて"自分らしさ"という概念がよくわからなくなっていたのですが

自分のルーツになんか立ち返った気がして、懐かしくも先の希望が見えるよい夜となりました。

 

不安もまだまだ沢山だけど、せっかくだしこの国を思う存分吸収してやろうではないか。

https://www.instagram.com/p/BM_0L2HhBFb/

どうにかなるさ。