読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺キクチのブログ

PR等のアパレル稼業を10年経て イギリスのYMSを取得しロンドンに2年移住した者の その日暮らしを晒しております。 http://instagram.com/lclccylcy/

瀬戸内寂聴に思いを馳せて…

https://www.instagram.com/p/BQBN100hu7a/

突然のみうらじゅん感から失礼いたします。

 

仕事ではロンドンファッションウィークも始まって、このなんだかバタバタな感覚が久々で

いろいろ不安なこともまだまだあるけれどそんなこんなで楽しんでいる。

 

先日はショーのインビテーションを直接投函する為に、ロンドン中を歩き回った。

 

googleマップ片手に、うろうろと徘徊したんだけど、たまにgoogleマップってとんでもないウソをつく。

 

とある場所を目指していた際は、謎の倉庫のようなところに案内されて迷ってしまい、これが2時間サスペンスだったら犯人の罠で倉庫で拘束される女刑事といった所なんだろうけど、現実で待っていた罠は自らの急な便意であり、外に出るに出れない便&己自身という状況下で、しまいには鼠の死体を見つけてしまい、こいつのように一生出れずに便と共に死すのか・・・と縁起の悪さにかかる拍車。

 

また別の場所は某大企業だったのだが、オフィスだとやっぱりポスト的なものがなくて、警備員的な人に届けねばならず、夕方となっていた時間に尋ねたら、早く帰りたいのかあからさまな不機嫌な顔をされて、インビテーションをテーブルにものすごい勢いで叩きつけられた。

 

目の前の光景が信じられなくて、この人疲れすぎてピザ生地に見えちゃってんのかな、インビテーションが。と思ったけど、「こんな時間に来るんじゃねぇよ。」と発してきたので、もうこちらもただでさえ歩き回って、便意やら鼠やらで、心身ほぼほぼ喪失状態だったから、は?と思いながらも、怒る気力も起きず「いや、住み慣れてなくて迷っちゃってたりしたんだよね。ごめんね。」と言ったら、「もうチェックしたからはやくいけ、Chink」って返された。

Chinkって確か中国人をさす差別的な言葉だよな…

 

唖然。

 

数秒後すぐに悲しくってやりきれなくなったけど、逆に何かここまでやられたらおもしろくなっちゃって、思わず去り際に「あはは・・・」と棒読みで笑ってしまった。

 

こうなったらどんどんしぶとく生きてやろうではないか。

https://www.instagram.com/p/BQJTVPShScz/

 

https://www.instagram.com/p/BQSokghByhb/

そして銀行のカードをようやく作成。

 

職業証明とかいろいろ必要だと言われていたけど、なかなかの重い腰だったのだが、パスポートと生体認証カードのみを見せただけで「すぐに届くから」と言われ、本当にこの国は担当の人によって全然対応が違うんだなぁ・・・と今回はいい意味で感心したのと、拍子抜け。

 

しかしまたキクチがうまく聞き取れなかったのか、今回は「キクッチー」と返され、リズム感がよくキャッチーなソレを発する銀行員のおじさんに、一気に愛着が沸いてしまった。

https://www.instagram.com/p/BQjllochO_c/

そんなこんなでいい事もあり、いやな事もありの、上がり下がりな今日だったので、急に髪を切ってさっぱりしたくなり、しかしながら美容室を予約してそれまで待つというのもなんだか嫌だったので、手先が器用な友人に急なぶっこみで「人の髪切るの興味ない?」と尋ね、切っていただいた。

https://www.instagram.com/p/BQmAFsfDGa9/

器用な人は何もやらせてもやはり器用なのだなと実感し、髪型自体は気に行ったのだが、美容室的な設備も当然なく、彼の自宅であの体をカヴァーするものもなく散髪をしていたので、ご丁寧に我がタイトなヒートテックなタイツにねじ込む、切られた髪。

 

しかしねじ込むというかもはやハリネズミの如く突き刺さっていて、とにかく痛痒くてさっぱりするはずが予想外の苦難を生む結果となり、歩くたびに擦れる中での帰路は、軽い修行のようであり、髪を切り修行なんぞ果たしてどこぞの尼なのであろうか。

 

もうね、日々が文字どおり修行である。

 

でも日も長くなってきたし、そろそろ春の表情が見えてきているイギリスにいろいろとまだまだ期待したい。

https://www.instagram.com/p/BQfKpxIB1xA/

 

https://www.instagram.com/p/BQf0exKhZTP/