俺キクチのブログ

PR等のアパレル稼業を10年経て イギリスのYMSを取得しロンドンに2年移住した者の その日暮らしを晒しております。 http://instagram.com/lclccylcy/

一時帰国ブルース~②~

ということで、一時帰国での出来事を書いていこうと思う。

 

まず帰国したのは4月の中頃である。

 

パリを経由し、人生初の羽田空港に降り立った。

そして、いざ家路へ。

と、しょっぱなに出迎えられたのは、駅員のコスプレをさせられたPepper君。

https://www.instagram.com/p/BS5s56vlJbb/

いかにも採用人数が少ないといわれている鉄道業界に図々しくも「なんかこいつおもしろそうだな」という理由だけで採用されてしまった駄目新入社員といった感じだなぁ・・・と思っていたら、やはりナンパの調子で話しかけてきたのである。

 

ギョッとした拍子に違う方向を見たら、そちらはそちらで、ゆるキャラと"4月だから"と安直な理由で供えられたであろう桜の造花にWELCOME TO JAPAN!!!とデカデカと書かれたボードに道を塞がれていた。

 

しょっぱなからこのラーメンとチャーハンとカレーライスとカツ丼の炭水化物の四面楚歌といった具合のおなかいっぱいな状況。

そりゃなんだか胃ももたれ、腹もくだすってものだ。

 

本当に急な便意に襲われてしまった俺は、そんな四面楚歌をどうにか潜り抜けながら

「そうだ。あんな陳腐な日本らしさより、コンビニがそこらにあって、綺麗なトイレが借りられるというもっと素晴らしい日本らしさがここにはあるではないか!」と、意気揚々とコンビニを目指した。

 

駅を出ればすぐそこには、やはりコンビニ。

 

あ~よかったな。やはり日本にはるばる帰ってきて、あ~本当によかったなぁ。

と、そんなよかったな感を歌にしたためていた花*花というデュオがこの国にはいたよなぁ・・・と

浮かれぽんちな勢いにどうでもいい"日本"まで引っ張り出して浮かばせながら、いざすぐそこのコンビニのトイレへ・・・

 

そして、待ってました!!と言わんばかりに勢いよくドアを開ければ、そこには我慢の末に暴発したであろうブツがあちらこちらに散らばっているという惨劇の光景が広がっていた。

 

しょっぱなから人間ではない謎のコスプレした機械に馬鹿にされたかのようにナンパされ、

あらゆる日本感をとりあえず散らばめてみましたといったコンテンツに道を塞がれ、

そんな中の日本への唯一の最初の希望の光を覆った茶色の闇・・・

 

もしこれが日本人の俺ではなく、はるばる来た異国の者であったらどう思うであろう。

少なくともペリーであったら、開国の要求を取り下げ、トイレットペーパーという文明のみをそっと置いて無言で引き返していくであろうし、リア・ディゾン然りである。

 

そんな出だしに、前途が非常に不安になりながらもどうにか家にたどり着き、そこには母の久しぶりの手料理と、愛しの猫たちが待っていた。

https://www.instagram.com/p/BS5-xiNF-Dz/

一気にもうなにもかもが吹っ飛んでしまうよね。

 

ありがとう、日本。

やっぱりなんだかんだで愛おしいよ、生まれ育った国、日本。

 

ぺろっと平らげ、久しぶりの家の風呂の湯船にのんびり浸かり、そのまま長いフライトに疲れきっていた自分は、これまた懐かしい自分の布団に入り、言いようのない幸せをかみしめながら呑気に眠りにつくのであった。

 

その後、様々な濃厚な出来事が巻き起こるとも知らずに・・・

 

※いつか更新されるその③に続く