俺キクチのブログ

PR等のアパレル稼業を10年経て イギリスのYMSを取得しロンドンに2年移住した者の その日暮らしを晒しております。 http://instagram.com/lclccylcy/

地球は今日もやさしい

こんなくだらぬブログの更新が止まっている間にも、テロやらミサイルやらハリケーンやら様々な出来事で世は止まる事を知らず。

 

家族から「テロ大丈夫?」と連絡が来ては、「大丈夫だけどそちらはミサイル大丈夫?」と返す。

陳腐なB級世紀末SF映画の大味な脚本のようだが、これが現実。

 

そんな大味な現実に更に舞い込んだ「安室奈美恵引退」のニュース。

 

LOVE2000以降くらいから安室氏からは遠ざかってしまっているのだが、もろTK世代・アムラー世代の自分にとっては、物心と共に刻まれているまさに時の人であり、未だにスーパーモンキーズと小室時代の曲は定期的に聞いてしまうし、安室が好きだと公言していた小学生低学年時代は母親に「あんな不良っぽい娘を好きになるだなんて将来が心配だ。」と謎に世話を焼かれたりもした。

 

友人と大雨のロンドンのでかい公園で道に迷った際は、A WALK IN THE PARKを大音量で流してはまさに公園をずぶ濡れで屍の如くさまよう我々を励まし、ついこの間もyoutubeで全盛期のドキュメンタリーを見ていてその真っ直ぐな姿勢に感銘を受けていた所で、ニュースを耳にした瞬間素直に「ああ、時代というものは確かに変わっていくものなんだな。」と感じ、山も谷もない道じゃつまらない、ジェットコースターにならないのだから、こういう日は来るものだし、永遠という言葉なんて知ったところで、やはりそんなものありえなく、BODYがEXITを遂に感じた結果なのであろう。

 

しかし、大人にになっても"ちゃん"づけで呼ばれ親しまれるだなんて、アグネス・水森亜土安室奈美恵くらいのものではなかろうか。

 

そんな30代・40代の我々に親しみと青春とカルチャーを与えてくれた安室奈美恵氏に本当にありがとうを伝えたい。

https://www.instagram.com/p/BZQrB6BFb1-/

ちなみに一番好きな曲はスーパーモンキーズ時代のダンシングジャンク。

 

地味に今後はMAXの動向に注目していていこうと思う。